この時期のお布団って本当に最高ですよね。
うっとり。


自宅の窓からの冷気が凄くて
厚地のカーテンに変えたら
朝日が全く入らなくなり
朝起きれなくなりました(>_<)


朝にライトがつくようにタイマーをかけてみても
目は覚めるもののスッキリしない。


こりゃあいかんと寝る前に
レースカーテンだけにしてみたら
パッと目が覚めるように!!

やっぱり太陽の光はすごいなぁ。


まぁただお布団が気持ちよすぎて
結局、目が覚めても脱出できないんだけども(笑)

そしてカーテンを変えた意味…(。-∀-)



huwaliで使ってるフットバス。



見た目はやぼったいけど
保温性が高くて深さもあるから
とっても良い〜。


サロン勤務時代から
自宅ケア用にも欲しいなと思いつつ十何年。

家に置くには微妙に邪魔だし
お値段そこそこするから
買ったものの3日坊主だと勿体無い。

冷えが酷いわけでもないので
まぁいいかと買わずにいたけど
今年のこの寒さはさすがに冷える。

冷えるのは寒さだけじゃなくて
まぁ年齢的なものもあるよね…(。-∀-)


なので足浴用バケツを買ってみました!

これなら買いやすいお値段だし
もし三日坊主だとか
使い勝手が良くなくて使わなくなっても
バケツとして使えばいいかと思って。

ちなみに1000円くらいでした。



床のワックスが剥げている箇所は見なかったことに…薄笑

ストーブでお湯を沸かしながら
途中で差し湯をしつつ20分。
手足ポッカポカ〜。

あんまり期待してなかったけど
こりゃ買って良かった(≧∀≦)

今年は寝る時に湯たんぽが必須だったけど
湯たんぽいらずになりました♪

あったかいお茶飲みながら足浴しつつ
本を読んだり
ほけ〜とテレビ見るのもこれまた至福。


足浴は冷えが気になる人はもちろん
疲れすぎてお風呂に入る体力がない時にもオススメ。

あとは足が浮腫んだ時のケアにも。


気づけば着実に歳を重ねてきてて
体質も少しずつ変化してきてるなぁと感じる日々。

ケアも少しずつ変化させて
上手に付き合っていかんとね。


去年の春にポスターで見かけたのをキッカケに
いつか作品を観てみたいなぁと思っていた作家さん。



木彫りどうぶつ美術館
はしもとみおの世界


実際に見てみたら
可愛いだけじゃない世界観で
いい意味で想像を裏切られたーっ!!


展示は触れる作品も沢山あって
撫でくりまわしてきました(*´д`*)




穏やかな雰囲気をまとっている作品も
近くで見たり触ってみると
意外に荒々しく武骨な彫り方してるのもあってビックリ。





作品撮影OKだったけど
写真じゃ素敵さが伝わらない〜!!

絵の作品もこれまた良かった…。

作家さんの生き物に対する愛情や
たくましさだとか
あたたかさだとかが溢れていて
命を感じる素敵な作品たちでした。

はーーー観れてよかった。




ツチノコかわいい(笑)


それにしても開催されてるヤマザキマザック美術館に
初めて足を踏み入れたのだけれど
館内の装飾もコレクションもこんなに凄いとこだったとは!

常設のエミール・ガレのコレクションは
もう美しすぎて眼福。

西洋美術系や印象派のコレクションも
名だたる有名作家の作品が沢山でした。

名古屋市民だというのに
まだまだ知らない場所ばかりだなぁ。



寒い日が続きますねぇ。

仕事は吉田部屋に篭り
人混みにあまり行くこともない
世捨て人のような暮らしをしてるせいか
風邪ひく気配もなくすこぶる元気だけれども
喉が乾燥のせいで少しヒリヒリした感じ。

これを放っておくと風邪菌にやられかねんので
久々に大根飴を作りました。




いつも蜂蜜でつくるけど今回は米水飴。

味が好きだから買ったものの
固いから少し使いにくくて
なかなか出番がこず…(-∀- )








大根飴を飲むと
スーッとイガイガが治るから不思議。


残った大根の皮はポン酢に浸して漬物に。

大根の漬物は冷蔵庫の中が恐ろしく臭うけど
止まらぬ旨さですよね〜(*´д`*)


まだまだしばらくは寒い日が続くので
皆様も暖かくしてお過ごしくださいね。


23年目の1月17日。

『もう』な気もするし
『まだ』な気も。


名古屋でさえ感じた
あの日の大地の揺れとうねりを忘れちゃいかんと思いつつ
防災意識もなく暮らす日々。

幸せな証拠なんだろうけど
防災備蓄品くらいの事は
ちゃんと考えておかないとな。


女性は生理用品の心配もありますよね。

ちなみに私は普段、布ナプキンを使い
手荷物を減らしたい外出時は紙ナプキンを使ってます。


布ナプキンは使い捨てじゃないから
普段の生活では買い足す必要がないけれど
災害時は水が止まる事が多く洗えないので
紙ナプキンと同じように使い捨てなければならず
足りなくなる可能性が。

だから完全に布ナプキン生活の人も
紙ナプキンの備蓄は必要だと感じてます。


そして紙ナプキン派の人は
布ナプキンの感覚を体験しておくと
いざという時にいいんじゃないかなと思います。

災害時に生理用品が不足した時
もし布があれば代用することもできるから。


どんな感じか試すのに
わざわざ布ナプキンを買わなくてもね
使い古した小さめのハンドタオルとか
あとはもう着ないTシャツなどでも大丈夫ですよ〜!

大きければ切って何重かに折り畳めば
それで充分。


出血量と吸収量の感覚や
自分に合った使い方が分かっていれば
いざという時に心配が一つ減る。

経験したことのない極限の状態の中で
心配事が一つでも減るのは
きっととても大切な事じゃないかなと思います。


さらに布が足りない事もあるだろうから
月経血コントロールできるようになる事も
きっと良いのだろうなぁ。

月経血コントロールというのは
おしっこと同じように
自分の意思で経血をトイレで出す事です。

こまめにトイレへ行ける環境でないと
トレーニングはなかなか難しいようだけど
できるようになればさらに安心ですよね。

接客業という面では
トイレは不規則にしか行けないけど
在宅勤務みたいなスタイルで
幸い自由に過ごせる時間もあるから
トレーニングにチャレンジしてみようかな。

できるようになったら
布ナプキンの洗濯も楽になるなぁ♪


月経カップは調べて検討した結果
私は使わないという選択肢を選んだけど
選択肢の一つにするのもアリだと思います。


万が一の事が起こるのなんて万が一だし
それに家にいる時じゃないかもしれんしね〜とか
どっかで呑気に構えちゃってるけど
備えあれば憂いなし。

この機にちゃんと向き合わなきゃな。