今朝、眠気まなこでピーマン切ってたら。





さ、今日も張り切ってこ♪



昨日、以前勤めてたサロンの仲間が
会いにきてくれました(*´艸`)

なんと8年ぶりの再会!!

すごい久しぶりなんだけども
相変わらずの笑顔に
昨日も一緒に働いていたような不思議な感じ。



でも施術をしながら
久しぶりなのをじわじわ実感してきて
こうして会いにきてくれたこと
そして施術でお迎えできること
色んなことが本当に嬉しくて幸せで
思わずじんわり涙ぐんでしまいました…。



あの頃の私は元気だけが取り柄の
そそっかしいへっぽこ店長だったので
いつも皆に助けてもらっていて。

本当に大変な状況や環境だったけど
皆がいたから頑張れたなぁとか。

皆がひたむきに頑張る姿に
いつもすごいなと思ってたこと
私も負けちゃおれんと刺激を受けていたこととか。

そんな懐かしい記憶や
色んな事をふと思い出したりもしながら。



施術後にランチしながら話していて
しっかりと足元と未来を見つめて歩いている彼女の姿に

今の私はあの頃の自分や皆に胸張っていられるかな?
きっとまだまだ、やれる事も頑張れる事もある。

と、あの頃と同じように刺激をがっつり貰いました。



ずっと連絡とっていなかったりもするけれど
皆のこと、そして一緒に過ごした時間を
今でもとても掛け替えない存在や時間と思えるのは
本当にありがたいし幸せだなぁ。


とにもかくにも会いに来てくれて
本当に本っっっっ当に嬉しかった!
ありがとう。

今度は私が会いに行こう〜ヽ(´∀`)ノ


友達にお使いをしてもらった分の
お代を支払うために仕込み中〜。




久々に折ってみたら
すっかり手順を忘れてて難しい。

図解を読んでも分かりにくいのです…(-∀- ;)


お札で遊ぶなんて!!
って御意見もあると思うし
ごもっともです。

でも実際に作ってみるとね
お札のデザインが生かされるよう
よく考えられてて素晴らしい芸術。

そして何より貰った人が
何これ!?ってすごい笑って喜んでくれたり
使えないよ〜って大切にしてくれるので
私はこれもアリだと思ってます♪

…とは言っても渡す人選を間違えると
とんでもなくエライことになるので注意だけど(笑)



15年前の7月
この道を歩むための一歩を踏み出しました。


はじめてスクールに行った日のことは
今でも鮮明に覚えています。

心あたたまるような素敵な思い出ではなく
やっぱり胡散臭いな、この会社!笑
と、いう思い出なんですが…(。-∀-)ふふ

胡散臭いけど面白そう〜と思ったのも
スクールとサロンを選んだ理由のひとつだけれど
色んな人とのご縁
そしてこの技術に出会えたことは
本当にラッキーでした。


15年前は指の際まであり大きかった爪も
削りに削り生え際が後退し
こんなにちんまりと。





人間って進化するのね(笑)

いや、後退してるから退化?(゚∀゚)

この爪、日常生活に困るレベルの短さで
後ろに人が並んでる状態で
レジで小銭を落とそうものなら
びっくりするくらい拾えなくて焦ります…。

親指も短くなってんじゃないかって
よく笑い話しになるので
測っておけばよかったなぁ(´^з^)ププッ


それにしてもあっという間の15年。

この道を歩んでいるからこその
出会いや別れ、喜びや悲しみを楽しみながら
これからも1歩ずつを大切にしてこ。




開催の発表を聞いてから
ずっと楽しみに待っていた展覧会。



奈良美智さんの『for better or worse』


展示空間に足を踏み入れた瞬間から
なぜだか涙が溢れそうになり堪えるのが大変でした。


今まで何回か奈良さんの作品は観てきたし
前にも観たことある作品もあったけど
こんなにも心が揺さぶられるのは初めて。

奈良さんに限らず
美術館でこんな気持ちになるのも。


ひとつひとつの作品の展示というより
会場全体、通路までもが1つの作品となった
インスタレーションのような
胎内めぐりをしているような空間だったからなのかなぁ。


なんで泣きたくなるのか分かんなかったり
胸の深いとこに、とてもとても静かに
あたたかく沁みたり
ヒリヒリと突き刺さったり。


どんな事もその時の自分によって
感じ方や受け取り方は違うものだけれど
それだけではない何かが溢れている
とても素敵な空間でした。




原画から感じるものとは違うけけど
大好きな絵のカードを思い出に♪

写真には写ってないけどクラフトテープが
これまた可愛すぎるのです…。



本当は人と行く予定だったのだけれど
何度も都合が合わずで1人で行ってきました。

1人で観れたのが良かったかも。

何にも縛られることなく
あの空間に心をゆだねるのは
とっても気持ち良かったなぁ。

しかも空いていたので
その空間が自分だけのものな時もあり
贅沢すぎるひとときでした。

係員のお姉さん達、黒子のごとく気配を消すのうますぎます。


今回の絵の梱包資材も展示してあり
発送する国によって個性があるのも
すごいすごい面白かった!


for better or worse
どのような運命になろうとも

またあの作品たちに会いに
そして空間に心をゆだねに行きたいなぁ。