毎年、福豆を買いに行ってる観音さん。

なんと今年は売り切れ!
しかも柊まで(((;゚Д゚)))

いつも昼間に行けば買えたのに(泣)
と、思ったけど
そー言えばいつも2日に行ってたわ…。

がっくり… _| ̄|○



そんなわけで今年は鰯だけで厄払い。





鰯の煙さん、邪気払い頼みますよー!




ずっと観たかったドキュメタリー映画。
やっとこさ観れました!





色んな想いや想い出が溢れてきたり
自分や周りの人たちと重なったりで
最初っから最後まで涙。

目はポンポコポン。
タオルはグチャグチャ。

帰ってきてパンフ読んで、また涙。


観ていて辛くなったりもしたけど
それ以上にあたたかな優しい気持ちに。

うまれる命も旅立つ命も
強くて美しくて愛おしいなぁ。


このドキュメタリーは『家族』がテーマだけど
その枠に留まらない『愛の形』
そして『生きるということ』

深く考えさせられる内容でした。


観終わった後
huwali(フワリ)というこの小さな部屋で
いのちをつなぐお手伝い
そして生きるお手伝いを
あたたかにしてゆきたいな。と
改めて思うのでした。


『うまれる ずっと、いっしょ。』
http://www.umareru.jp/


久しぶりに栄で販売員さんに会えた♪




普段読まないジャンルの記事も沢山あって
ページ数が少ないながらも
すごい勉強になるし内容も面白いので
販売員さんに出会うと必ず買ってます。


認知度も低いので
買っているとジロジロ見られるけど
こんな素敵なやり方は
他にないと思うなぁヽ(´∀`)ノ


初めて買ったのは大阪の梅田駅。

あれから約10年。

あの頃はまだまだ若くて
ピッチピチだったわ〜(。-∀-)懐かし。


ビッグイシュー
http://www.bigissue.jp/




ORGAN活版印刷室の住人、チョビ嬢。





お顔が怒りに満ちてる…。


チョビちゃんは
見知らぬ人にも物怖じせず近寄って
クンクンにおいを嗅いでくるんだけど
撫でるのは流血覚悟。


猫パンチ(爪あり)の風を切る音を
ワタクシ初めて聞きました…。

しかもいつも一緒にいる
ORGAN活版印刷室の方を相手に!笑


私はと言うと
机の下の膝元にいるのに気づかず
手を降ろしたら
爪で手の甲をやられましたわ。

そしてうっすら流血(。-∀-。)ふはははは



この写真を撮ろうとした瞬間に
般若の表情に変わったけど
『写真撮らせてね〜』って声かけたら
怒りながらもポーズ決めててくれました。

チョビちゃん優しいわぁ♪

どんなにつれなくても凶暴でも
それもたまらぬ可愛さ(*´艸`)






そしてオヤツに出していただいた
空穂屋さんの焼きドーナツが
倒れそうに美味しかった!

焼きドーナツで美味しいって思ったの
これが初めて。

今度、買いに行かねば…じゅるり。

ごちそうさまでした(´∀`)



少し日にちがたってしまいましが
岐阜満喫の日、其の二♪



ついについについに!
活版印刷で名刺作りしてきました(≧∀≦)
数年越しの念願がやっと叶った♪



平仮名、カタカナ、漢字、ローマ字、
数字、記号。

それぞれの書体デザインとサイズを決めて
一文字一文字、活字の版を探して組んだら
一枚一枚、印刷。



もう楽しくて楽しくて終始ニヤニヤ。

完成した名刺を見て
文字の美しさやあたたかさ
そして活版印刷独特の文字の凹みに
さらにニヤニヤする吉田さん。

アナログ最高ーーーーーっっっ!!







デジタル化の波に押されて
廃業する活版印刷屋さんが
後を絶たない切ない現状。

こんな素敵な技術を絶やすの勿体ないわ〜。


仕事のためとか
素敵な技術を残してくためとか
趣味と実益を兼ねるとか言い訳して
吉田部屋の備品類は相変わらず
完全に趣味に走っております(*´艸`)



活版印刷、どんなものか
ちょっと詳しく作業工程の写真載せますね♪

楽しくて見てほしいだけ…(。-∀-)うふふ





デザインを考えたら、いよいよスタート!

木の箱は『文選箱』と言って
選んだ版を入れていく箱。





壁一面にある版。
これはほんの一部で膨大な量の版の中から
お目当の文字を探します。

漢字を探すのは本当に大変だ…。

でもその大変さも楽しいんだよね♪







記号や模様の版も沢山。
懐かしの黒電話もあって可愛かった!

すごい小さいので一文字ずつ
ピンセットで選んでいきます。





こ、細かい…。
ババァは目が霞む(´Д`|||)うを〜





選んだ文字を組んでいきます。





組んだ版を印刷機の型に
パイルダーーーオーーーンッッッッ!

ふ、古い…(゚∀゚)





活版印刷用のインクが入った缶。
なにこれ、かわいすぎるーっ!!

ピンボケしてしまったけど
蓋に入ってる模様も素敵だった!





文字は燻んだ黒。
シルバーブラックに決定。





印刷機。
あぁこのフォルムたまらないっ(≧∀≦)



銀色の丸い板がパレットの役割。
この板にインクを馴染ませる作業の動画です。



この作業音も本当たまらない〜っ!

雑音(吉田さんの浮かれた声)も
入っててスミマセン…(。-∀-)


手前のレバーを降ろすと
ローラーが上がり
ローラーにインクが付きます。



インクが馴染んだら
版の型を印刷機にはめ込む。



あ…こっちのがパイルダーオンぽいわ(笑)

それと同時に手前の板も動きプレスして
紙に印刷されるという仕組み。

茶色の小さい紙が名刺です。





一枚、紙をセットしてプレス
仕上がった物を外し
また一枚セットしてプレス。

一枚一枚、丁寧に印刷してくの。

紙によって印象がガラリと変わったり
印刷する時の圧の掛け方や
インクの濃淡で
一枚一枚それぞれに個性が出るのが
刷りながら見ていて愛おしくなりました。





今回はワークショップだったので
様々な和紙と洋紙を用意していてくれてて
なんと美濃和紙もあるという贅沢!!





長良川をイメージした手漉きの美濃和紙。

同じものでも少しずつ模様が違うのが
これまた素敵。





和紙と活版印刷の凹み。
この組み合わせ美しすぎるわ〜(*´艸`)うっとり





ワークショップでご一緒だった方と
私の名刺の試し刷り。

同じ時間を過ごして名刺を作っても
それぞれに違ってて面白いなぁ。

そして偶然にも同業者で
自宅サロンをオープン間近に控えた
セラピストさんでしたヽ(´∀`)ノ
(写真で消してあるとこは自宅住所です)



そして、皆様お気づきでしょうか。

そう。
わたくしミスをしてしまいましたぁぁぁぁぁ!

おおぅ… _| ̄|○

『とうもころし』みたいな言い間違いみたいで
なんか面白いから
このまま配ってしまおうかなぁ(笑)

訂正して追加注文する予定なので
また出来上がるの楽しみ♪



活版印刷に興味ある方はワークショップを
ちょこちょこされてるのでゼヒ!

名刺だけじゃなくてハガキとかも作れますよ〜。

名刺サイズでメッセージカードつくるのも
いいなぁ。
あぁ、やりたいことが膨らむっっ(≧∀≦)


ORGAN活版印刷室
http://organkappan.net/