ヒグチユウコ展 circus


先日、大阪にライブを観に行ってきました♪

ライブについて語りたかったのですが
今まで以上に衝撃を受け気持ちが昂り興奮しすぎた私の文は
何度書き直しても狂った感じになってしまったので
自粛して割愛します…(。-∀-)

セラピストの世界にも通じることを感じたので
またこの昂りが落ち着いた時(笑)にでも
改めてお伝えできたらなと思います。



さてさて、そんなライブの翌日は
神戸ゆかりの美術館で開催中の
『ヒグチユウコ展circus』へ。





狂気とあたたかさとグロテスクと可愛さが共存した
とっても素敵な展覧会でした。
は〜眼福、眼福。

写真2枚目のような絵本になっている
可愛い絵がやっぱり人気なのか…と、人だかりを横目に
私は植物のクリーチャーだとか
ちょっとおどろおどろしい絵に釘付け。

本来ホラーとかは苦手なんだけども
美しさと恐ろしさって表裏一体で
ヒグチさんの作品はいい塩梅でそれが共存してて大好きです。

そして、ふざけた感じも(笑)


とっても衝撃を受けたのが初期の頃のクロッキー作品。
(短時間でパパッと描く写生です)

裸体の女性だったのですが
線から色香や艶が立ち昇ったり滲み出ていて素敵すぎました。

ヒグチさんの描く世界は
どこか憂いを帯びて色があるなぁと感じていたけど
クロッキー作品からその原点を垣間見れた気がして大興奮。

あとはワニの作品は何度みても鳥肌もの。
あの肌の感じは狂気すら感じる美しさ…。


展示に大満足して作品集を買おうと勇んでいたのだけれど
原作を観た後の図録って
なんであんなあんなにコレジャナイ感が半端ないのか。
何でもホンモノのパワーに勝るものはないなぁ。

来年末まで名古屋近郊は巡回予定無しだったから
いつかこちらの方へ巡回した時は
改めて観に行くのが楽しみです。


併設されているファッション美術館の展示は
残念ながら入替中で見られなかったけれど
ライブラリーの収蔵品が美術や芸術に特化しているのが面白くて
こりゃ近所だったら通ってるなぁ。

練り物で有名なカネテツの体験工房が近くにあったけど
こちらは時間がなくて行けずだったので
またいつかのお楽しみが増えました♪


帰る前に関西に住む友人にオススメされた
スリランカカレーを。



単体で食べても
全部ませで食べても
不思議と味にまとまりと深みがあって
とても美味しいクセになるカレーでした。


タイ米よりも細長いバスマティライスも美味しかった!


ライブと展覧会から素敵な刺激を溢れる程たくさんもらったので
この感動をちゃんと吸収して
人生や施術の肥やしとして生かせるよう
もっと頑張らんとです◎

Posted by huwali(フワリ) at 17:00 | 日記 | -

Sun* Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

huwali

ホームページはコチラからどうぞ♪

名古屋市営地下鉄東山線
池下駅徒歩3分

名古屋市千種区春岡1-5-3
ステージ池下502号室

Recent Entries

Categories

Archives

profile

Search this site.