友達お手製の豚の角煮をご馳走になって
さらに癒しのエネルギー補給。



膝の上に毛むくじゃらの生き物がいる幸せ。
は〜たまらん〜。


しかし幸せの後に必ずやってくる
鼻水ぐしゅぐしゅ、目かいかいの苦しみ(=_=)


毎日一緒に暮らしてたら荒療法な感じで
耐性ついて大丈夫になったりとかせんかな。


毛むくじゃら達との暮らしへの憧れが募り中。


あぁぁぁぁーーーっ!
飲み終わってから気づいたー!!



ありがとうのメッセージ!!!

ちょっとしたことだけど
なんだか嬉しいなぁ。


それにしてもイチゴの可愛いフラペチーノだったのに
飲み干した後のばっちい写真で台無し…薄笑

まぁこのばっちい感じの方が私っぽいけども(。-∀-)


ネットで見かけて
コレは!と直感で感じた本。

買おうと思ってたら出遅れ
発売直後に完売してしまい
やっとこさ買えた〜。



絵も物語も、そしてあとがきも
本当に本当に素敵な本でした…。


あたたかくて優しいけど
切なくて痛くもある世界。

また好きな作家さんが増えた。


私は猫も、他の動物とも一緒に暮らしてはいないけれど
それを飛び越えて
きっと大切な本になるんだろうな。


本はいつか行きたいと思っているお店で頼んだのだけれど
届いた封筒を見てテンションあがったー!





石黒亜矢子さんの判子とテープ。

夏に初めて観た彼女の原画は古い日本画のようで
想像以上の迫力だった思い出。
また観たいなぁ。


去年末の引越しを機に
もう物は増やすまいと心に誓ったのに
すでに収納が足りなくなってきてる…。


予約してたのが、やっとこさ届いたーっっ!




夏に豊田市美術館で開催されていた
奈良美智さんの『for better or worse』の図録。

観に行った時の記事はコチラ


図録って作品の魅力が伝わりきらない残念なのが多いけど
あの時の空間にいるかの様な
作品の息づかいを感じる図録で圧巻でした…。

あの時と同じ様にまた心が揺さぶられ涙。


きっとこれからの人生の中の色んなタイミングで
何度も何度も大切に見返すんだろうな。



台風じりじり来てますねぇ。



雨をモチーフにした絵を
梅雨時期に2枚ディスプレイした我が家の棚。




梅雨も夏もすっかり過ぎたけど
まぁ台風の季節だしいっか〜とそのままにしてたけど
この台風が過ぎたら
さすがにそろそろ変えないとマズイ。

そして夏に飾ろうと思ってたものは今年はお蔵入り…薄笑


波平さんとワカメちゃんのハガキは
春に観た長谷川町子展で買った活版印刷のもの。



は〜。やっぱり活版印刷いい…。

4コマのワンシーンなのだけれど
すごい大きな雨音まで聞こえそうな描写が
ホントに素敵でたまらない。




いじわるばあさんの原画もあって
ばあさんのクソ意地悪さが最高でした(笑)

でも子供と動物には優しいから
たまにホロリとさせられるんだよなぁ。


それにしても若い頃に長谷川町子美術館へ行った時よりも
今の方が彼女の作品が胸に響くようになったのは
情緒的になったわけでもなんでもなく
たんに歳くったせいか…(゚∀゚)